社会人・スキルアップとしての受検メリット

社内業務に、取引先の商談に。対人関係を円滑に進める力を。丁寧に話そうとするあまり、敬語を重ね聞きづらくしていたり、パソコンで文章作成の際、誤変換に気づかない事はありませんか?言葉遣いひとつで、あなたの印象・信用度は大きく変わってきます。新入社員研修などスキルアップを目的とした研修で、述べ800人以上の企業で日本語検定が実施されています。検定を活用して、日本語を見方に付けましょう。
  • メリット①現場の対話力向上に

    丁寧な敬語や表現を使うことで、目上の方やお客様からも好印象に移ります。

  • メリット②日常の対話力向上に

    イベント・友達同士のランチといったプライベートでも、丁寧な日本語は好印象に残ります。

  • メリット③表現力の向上に

    沢山の語彙を知ることで、表現の幅も広がり、コミュニケーション力が高まります。

検定を受けた受検者の声

  • photo

    スターバックスコーヒージャパン株式会社 店舗勤務

    山本 萌夏 様

    日本語検定合格は、働く自信に

    日本語検定の受検案内が来たときには、多少の心配はありましたが挑戦してみたいと思いました。以前から国語は好きで、特に漢字の勉強は自分から進んで取り組むこともあり、プリントを担任の先生から頂いて勉強することもありました。

    検定問題はやはり日頃から大切にしている対人関係に必要な丁寧な言葉の言い方や、間違いやすい漢字など広い範囲からの出題でした。できたのかなという心配も少しありましたが、無事合格することができました。今までに検定というものは一度も受検することなく高校生になっていました。合格ということで、自分が認められた、やればできるんだと実感することができ、ものすごくうれしかったし大きな自信になりました。

    高校生活では、就労・就職活動の一環として、産業現場等における実習を3年間で7回も行き、3年生の実習から今の会社にお世話になりました。

    私の持ち味は、性格が明るく、何事もポジティブに考えられること、相手に合わせて会話を楽しむ事ができるところです。現在は、新入社員として気持ちの良いコミュニケーションをとることを一番大事にしています。職場の方々はみんな先輩で一番年下の身ですので、敬語や丁寧語を自然に話せるようにと意識もしています。

    何よりお店に来て頂くお客様に、気持ちよくリラックスして過ごしていただける様にと精一杯心づかいに努めています。仕事でつまずいた時、あの日本語検定で合格できた時の自信が後押ししてくれています。