日本語の達人

日本語の達人とは

日本語検定1級に10回以上認定された方に「日本語の達人」の称号を贈り、それを顕彰する制度を新設しました。

以下に、達人の方々のお話をご紹介しています。


  • photo

    認定回数14回

    大分県

    入江 一彦 様

    「日本語の達人」の称号を頂いたこと、ありがたく思います。

     日本語検定試験が始まったとき、毎日使っている自分の日本語はどの程度だろう、自分の日本語で不足している物はなんだろう、という気持ちで初回の検定試験を受検しました。当初は2級に受からないと1級が受検できなかったので、初回は2級の受検でしたが、それでも難しい問題が並んでいると思った記憶があります。

     2回目以後は1級試験の受検が楽しみになりました。その理由は、毎回の出題内容が新鮮であること、こんなことも知らないのかと自分に気付きを与えてくれる問題が含まれていることです。1級の認定も頂けるようになりましたが、知らないことや理解できていないことはまだ多く、やめられません。

     人には寿命があり、衰えを避けられません。もしこの試験で同じ結果が出なくなったら、自分の能力の低下を疑うことになるでしょう。もしかすると、日本語検定試験は私にとって精神の定期健診なのかもしれません。

  • photo

    認定回数14回

    東京都

    宇都木 丈夫 様

     今回は栄誉ある称号を戴き、身に余る光栄に思っております。

     日本語検定は第一回に受検し、その後1級認定を受けてからは、継続して受検してきました。

     日本語が乱れている、とよく言われることがあります。言葉は時代とともに変遷するものですが、日本語の良いところ、独特の表現方法等は大切に守っていきたいものです。

     新聞の記事やテレビ番組を見ていると、日本語の誤用が気になることがあります。その時は辞典等で確認したうえで、発信元に誤りを伝えたりします。反対に、私の方が誤っていることに気づくこともあり、大変勉強になります。

     言葉は、他人とコミュニケーションをとる大切な手段です。伝えたいことを正しく相手に理解して貰うよう、適切な言葉遣いを心掛けることはとても大切なことであると切に感じます。

     日本語の理解をより一層深め、コミュニケーション力を高められるように、これからも日本語検定を受け続けたいと思います。

  • photo

    認定回数14回

    東京都

    山田 賢治 様

     日本語検定さんには大変お世話になっております。ここ2年ほど、私事により受検しておりませんので、今この時期に称号を受けること自体、烏滸がましい限りです。できることであれば、授与を辞退したいくらいです。ご連絡によりますと、1級を14回認定していただいたとのことですが、結構な回数を受検したものだなと、他人事のようにも一瞬思ったりしました。私が受検を続けた理由は、相応の日本語力を維持できているかを確認することにありました。私は受検に際して特段の事前準備をしないようにしていました。普段の生活の中で日本語を使用していく、多少その中で用語や用法に気を遣うというスタンスでした。そのスタンスで実力が維持できているかを確認するための手段が日本語検定の受検でした。受検した回はほぼ1級を認定していただきましたが、1回だけ準認定に終わった回があり、さすがに悔しい思いをしたこともあったと記憶しています。再度受検する機会があるかはわかりませんが、貴検定が今後も続いて多くの人が日本語の達人になられることを期待しております。

  • photo

    認定回数12回

    埼玉県

    武笠 幸正 様

     この度は、「日本語の達人」という大変名誉ある称号を頂戴し、誠にありがとうございます。

     非常に身に余る思いであると同時に、その名に恥じないように、さらに日本語力を涵養していきたいと思っております。

     私にとって、日本語検定は「生きた軌跡」そのものです。

     また、日本語検定は純粋に大好きな日本語について学ぶことができ、多くの日本語の言葉に出会える、言わば「日本語の宝庫」です。

     その中で、日本語検定は自分自身を高め成長するきっかけを与えてくださり、私が自由に羽ばたき活躍できるフィールドであると感じました。

     さらに、私は日本語を極めていく中で、その結果が受賞という目に見える形で表れる日本語検定の表彰制度に大変魅力を感じ、継続して受検してまいりました。

     今後は、日本語の大切さや醍醐味を一人でも多くの人に伝えて、社会に貢献していきたいと考えています。

     そのために、私は日本語検定を生涯の友として共に歩み、日本語についてより深く学んでいき、「真の日本語力」を身に付けていきたいと思っております。

  • photo

    認定回数11回

    神奈川県

    米山 公康 様

    「日本語の達人」の称号を受けて

     この度は過分な称号をいただき恐悦至極であります。関係各位に心より御礼申し上げます。

     私が検定を受検するのは純粋に自己の日本語能力を知るためであり、さらに知識を向上させたいという願いからです。日本語にとどまらず語学は奥が深いものです。ましてや達人なんてとてもじゃありませんが程遠い存在と思っております。実際試験のときに、「こんな言葉があるんだ!」とか、「今回の試験はなんて難しいんだ!」と思うことが度々あり、自分の日本語力のなさを痛感します。

     栄えある栄誉を受けたことは素直に嬉しいことではありますが、自身の日本語力なぞまだまだであることを肝に銘じて今後も精進していきたいと思います。もっとも私の勉強とはもっぱら読書、とりわけミステリを読むことでしかないのですが。